リハビリテーション学部

REHABILITATION

作業療法学科

在学生の声

STUDENT VOICE01

作業療法学科 3年糸瀬 真裕美
福岡県立宗像高等学校出身

これからの時代、多様な場所で活躍でき、社会に求められる作業療法士を目指します。

高校生のとき、進路を考える上で一番大切にしたのは「人の役に立てて、人の笑顔や幸せをつくるお手伝いができる仕事につきたい」という想いでした。そこでもともと興味のあった医療関係の職種を調べたところ、作業療法士という仕事を知り、興味を持ちました。
本学への入学を決めたのは、伝統と歴史があって就職率が非常に高い大学だったことが理由の1つです。また国家資格である作業療法士の資格に加えて、園芸療法士の資格が取れることも魅力的でした。何よりもリハビリテーションの第一線で活躍されてきた素晴らしい先生が多くいらっしゃり、本気で学びたい学生にとって非常に良い環境だということにも惹かれました。
実際に入学してみると、とても優しくて気軽に話しかけられる先生方や、冗談を言い合える友達も多く、毎日楽しい大学生活を送れています。クラス単位での授業も多いのですぐに仲良くなれますよ。
作業療法士は仕事の範囲が広く、これからの社会の多くの場面で必要とされる仕事でもあります。私自身はまだ具体的な将来の進路を決めてはいませんが、まずは国家試験合格を目標に、同じ夢を持ったクラスの仲間と一緒に協力しながら勉強に励みたいと思います。将来は人を笑顔にできて「ありがとう」と言ってもらえる作業療法士になりたいと思っています。

STUDENT VOICE02

作業療法学科 4年早野 真優

初めてのアルバイトやサークル活動も学業と両立!優しい仲間に囲まれて、充実した大学生活。

作業療法士という仕事は、どんなところが魅力だと思いますか?

作業療法士は、患者さんの「こういうことができるようになりたい」という希望に寄り添い、その人の人生が少しでも豊かになるように支える仕事です。一緒に考え、やる気を引き出し、患者さん一人ひとりと向き合う仕事。それぞれの患者さんにとって、一番最適な方法を考えることは難しいですが、だからこそ目標に向かって一緒にがんばっていくことに、大きなやりがいがあるのだと思います。
また作業療法士は、身体障がい・精神障がい・発達障がい・高齢期障がいと、幅広い分野で活躍しています。さまざまな患者さんを支えることができることも、魅力の一つだと思います。

学童保育のアルバイトや野球サークルとの両立はいかがでしたか?

知り合いに紹介されて何気なく始めたアルバイトですが、貴重な社会経験を積むことができました。学童保育のアルバイトでは、子どもたちと一緒に遊んだり、宿題をしたりしています。時には、子どもならではの予測不能な言動に驚かされることもありますが、だからこそ相手の気持ちを理解し、どうしたら元気に楽しく過ごせるのかを考えるきっかけになりました。また接客のアルバイトでは、挨拶や礼儀を学ぶことができ、実習などでも大変役に立ちました。
野球サークルのマネージャーは、せっかく大学に入ったのだから「何か新しいことを始めたい」と思って始めたのですが、メンバーが楽しみながらも勝利を目指してがんばる姿に、大きな刺激をもらいました。他大学の友人や、先輩・後輩とのコミュニケーションの輪も広がったおかげで、大学生活がとても充実しています。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

作業療法士になるための勉強は大変なこともありますが、気軽に相談に乗ってくれる先生や先輩がいるので、楽しい大学生活が送れます。クラス制なので団結力が高まり、自然と絆も深まります。学祭では各クラスで出し物を行うのですが、クラス全体が盛り上がって、とても楽しい思い出ができました。ぜひ一緒に充実した大学生活を過ごしましょう。

STUDENT VOICE03

作業療法学科 3年高橋 蒼平

祖父の病気をきっかけに作業療法士の道へ。リハビリについて学ぶには最高の環境です。

作業療法士を目指したきっかけは何ですか?

高校生の時、祖父が脳卒中で倒れたことがきっかけでした。祖父のために何か自分にできることはないかと調べていた時に、作業療法士という存在を知りました。リハビリを通して、その人の人生をより豊かにする仕事。祖父のような人を支えらえる仕事。調べれば調べるほど、私も作業療法士になって多くの人の役に立ちたいと思いました。
九州栄養福祉大学は、リハビリについて学ぶ場としては、最高の環境だと思います。学内には専門書籍や文献が豊富に揃う図書室や、それらを調べることができるコンピューター室などがあり、非常に充実した環境で学べます。

大学生活で嬉しかったこと、大変だったことは何ですか?

もっとも印象的な思い出は、20歳を迎える学生をお祝いするための学内成人式です。学年代表として「筑紫の心」を朗読させていただきました。その中には、本校の建学の精神として「勇気・親和・愛・知性」について語られていて、自分自身もこのことを改めて考え直す機会になりました。
また定期試験は、とても多くの科目を勉強する必要があるので大変ですが、大学では珍しいクラス担任制を導入しているため、同じ目標に向かって一緒にがんばれる仲間がたくさんいます。親身になって指導してくれる先生もいますし、授業はいつもわかりやすく丁寧に教えてくれます。技能や知識はもちろんのこと、今後は対応力なども身に付けて、より良い作業療法士になれるように努力しようと思います。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

学内の環境や設備がとても整っているので、作業療法士を目指す人にとっては非常に恵まれた環境です。わからないことは、学内ですぐに調べられますし、先輩や先生方に気軽に相談できる環境があります。「リハビリについて学びたい」「人を助ける仕事に就きたい」と考えている人に、ぜひ来てほしいです!

STUDENT VOICE04

作業療法学科 2年磯﨑 亜美

解剖学や実習など興味深い授業がたくさん!将来はたくさんの「ありがとう」が頂ける作業療法士に。

九州栄養福祉大学を選んだ理由は何ですか?

私が通っていた高校は、本校の系列校であったため、大学説明会に参加する機会が多くありました。そこで作業療法士という仕事を知り、患者さんと一緒に楽しみ、寄り添いながらリハビリを行う仕事に強く惹かれました。
もともと部活の関係で、北九州マラソンのボランティアに何度か参加したことがあり、その時から人に感謝される仕事に就きたいと思っていました。お疲れ様でしたと声をかけたり、ゴール後にハイタッチをした時に、ランナーから「ありがとう」という言葉を頂けることが嬉しくて、こんな風に人を支える仕事がしたいと思っていました。
私の中にある「人の役に立ちたい」という気持ちに、説明会で聞いた大学の魅力と、作業療法士という仕事が見事にマッチして、本校に入学を決めました。

一番好きな学科や実習を教えてください。

一番好きな科目は、作業療法実習です。リハビリ治療の際に行う籐細工や革細工、木工、陶芸、七宝焼きなどを、実際にやりながら学ぶ実習です。ただ体験するだけでなく、1つ1つの動きで使う筋肉、骨の動き、作業中の注意点などを考えながら進めていきます。
もっとも難しいと思った教科は、解剖学です。作業療法士にとって必要不可欠な知識で、これがわかっていないと他の教科の理解度や技術の習得にも影響するため、授業中のノートの取り方も工夫しています。色鉛筆や付箋などを利用して、復習しやすいノートづくりを心がけています。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

先輩たちと積極的に交流できる行事もあり、早いうちから学年を超えたつながりができます。私も先輩や先生方に支えられて、陸上部と学業と両立することができました。試合前と試験期間が重なって、テスト休みがあまり取れなかった時は、移動中や待機時間を利用して勉強したこともあります。先輩たちに勉強の相談などもしやすい環境です。大学生活も満喫して、勉強もしっかりやって、一緒に楽しんでいきましょう!