北九州
初!
2025年4月開設予定
(設置認可申請中)
食物栄養学部
食環境データサイエンス学科

政令指定都市・北九州中心エリア、若者の街「下到津クロスロード」で
AI×データを駆使した未来を拓く学びに挑戦し、身近にある第4次産業革命の先端を行こう

※設置される学科等の名称・内容などは予定につき、変更される場合があります。

FOOD × DATA SCIENCE

食農健康分野の専門的知識と
データサイエンスのスキルを合わせ持つ人材を養成する。
それが「食環境データサイエンス学科」の使命です。

loT(Internet of Things=モノのインターネット)やAI(人工知能)による第4次産業革命や、Society5.0と称される革新的デジタル社会の世界的進展を背景に、様々な領域においてデータを収集・分析・解釈することで新たな価値を生み出すことのできる「データサイエンティスト」が求められています。

食・環境健康分野も同様で、農作物や食品の生産、流通、健康への影響など多くのビッグデータが生成されており、既にAIによる課題発見と解決に対する取り組みも社会実装されていますが、食農健康分野の深い専門知識とデータサイエンスのスキルを合わせ持つ人材が足りていないというのが現状です。

「食環境データサイエンス学科」では、社会的需要が急速に高まっている、食の「データサイエンティスト」を養成することで、未来の豊かな食生活と健康の実現に貢献したいと考えています。

現在の食環境における課題
  • 農作物の収穫量
  • 農作物の生育状況
  • 食品素材の在庫量
  • アレルギー物質
  • 健康に良い素材
食の「データサイエンティスト」の養成
未来の食環境での実現目標
  • 食の
    安定供給
  • 食の安全性
    向上
  • 食品ロス
    削減
  • 快適な
    食生活

子供から高齢者までの「豊かな食生活と健康」の実現に貢献!!

Al・データサイエンス分野における第一人者の期待の声

  • 熊谷 彰氏
    元 株式会社安川電機CTO
    (取締役常務執行役員 技術開発本部長)
    新学部・学科設置準備室 顧問

    食環境データサイエンス学科の設立は、今日のデジタル社会における革新的な動きと密接に関連していると感じます。この学科が提供する教育は、データサイエンスの技術を食と農業、健康の分野に応用することで、これらの分野における新たな課題解決の道を切り開く人材を育成することが重要なテーマだと思います。特に、AIを活用した「食の番人」としての役割を担う専門家の育成は、将来的に食環境問題に対する持続可能な解決策を提案する上で重要な意味を持ちます。また、人格教育と地域社会との連携を重視する姿勢は、社会に貢献するデータサイエンティストの養成において欠かせない要素です。このような教育方針は、将来的に多方面での貢献が期待される人材を輩出し、社会の発展に大きく寄与するでしょう。そういう意味でも、この学科に対して大きな期待を抱いています。(特別客員教授就任予定)

  • 菅谷 俊二氏
    日本のIT分野・特許資産 個人ランキングNo.1
    株式会社オプティム(東証プライム企業)
    代表取締役社長

    人生100年時代と言われるまでに医療技術が進化を遂げた今日において、その100年をより健やかに、より若々しく生きたいという事が21世紀後半の人類に残された大きな夢の一つであると思います。本学に開設される食環境データサイエンス学科は、栄養学に農学、データサイエンスを融合した新しい領域のスペシャリストを生み出すことで人類の夢を、社会課題の解決を目指す学科です。栄養学とデジタルの融合は多くの人々に大きな希望をもたらします。若い皆様の豊かな才能と強い熱意で人類の次なる夢を実現するスペシャリスト、エキスパートの誕生に期待します。共に大いに学びましょう。(特別客員教授就任予定)

食の教養科目に加え、様々な専門教育科目を履修

  • 教養科目
    • 食環境データサイエンス概論
    • コンピュータリテラシー
    • AIデータサイエンス入門 etc.
  • 食と健康科目
    • 健康管理概論
    • 食品学総論
    • 食品分子機能学 etc.
  • データ
    サイエンス科目
    • プログラミング演習
    • バイオインフォマティクス
    • 食農健康データサイエンス etc.
  • 食農環境
    マネジメント科目
    • アグリビジネスマネジメント学
    • アントレプレナー演習
    • インターンシップ etc.

AIイノベーション・データサイエンスラボ
「KIDS LABO.(キッズラボ)」を併設予定!!

政令指定都市北九州中心エリア、
クロスロードでAI×データを駆使した未来を拓く学びに挑戦し、
身近にある第4次産業革命を体験しよう

九州栄養福祉大学の「KIDS LABO.」は、AIとデータサイエンスを駆使して、未来の可能性を切り拓くイノベーションラボです。子供から大人まで、あらゆる世代が集うこのラボでは、各人の才能を開花させるための環境を提供します。最先端の技術に触れながら、実社会への応用も模索します。学びとイノベーションが交差するこの場所(ジャンクション)で、新しい時代の先駆者を目指しましょう。

新学科 概要

学部・学科 食物栄養学部 食環境データサイエンス学科
入学定員 50名
学費 初年度納入金:145万円(入学金23万円・授業料等122万円)
学位 学士(食環境データサイエンス)
学びの内容 食環境と健康に関する深い理解とデータサイエンスの技術を組み合わせた教育を行い、食品の生産・流通、医療・福祉、環境に関連する大量のデータを収集・分析するスキルを修得することで、社会の持続可能な発展に寄与するデータ駆動型のデータサイエンスの専門家を養成する。
設置の理念 ・生命の源である「食」に係る様々なデータを分析し、食についての安全性や世界的な食糧危機の課題等について多角的に捉えることのできる専門的知識を備えた人材を養成する。
・人間が生きる上で欠かすことのできない食と農学に関する基礎知識から農園での演習を重ね、より具体的な食と農に関する専門知識を養う。
・文部科学省が推奨する特定成長分野をけん引する高度専門分野の育成に寄与する。
・食とデータサイエンスに係る企業と提携し、卒業後も研究を生かした就職につなげていく。
養成する人材像 本学は「建学の精神 勇気・親和・愛・知性の四つの心をバランス良く育てる」を基盤とした人格教育を行い、地域社会や福祉に役立つ使命感と信念を持ったデータサイエンティストを養成する。
アドミッションポリシー

本学科は、食環境と健康に関する深い理解と先端のデータサイエンス技術を統合した教育を通じて、子供から高齢者までの「豊かな食生活と健康」を実現する専門家を養成するために、以下に掲げる学生を求めます。

  1. 1建学の精神(勇気・親和・愛・知性が調和する人間性を養う人格教育)に賛同する人
  2. 2高等学校までに学習した全ての教科の基礎学力を習得し、論理的思考能力を有している人
  3. 3食環境と健康のかかわりについて深い関心を持ち、AI・データサイエンスの技術を習得するために積極的かつ持続的な努力を惜しまない人
  4. 4他者の気持ちや立場を理解し、思いやりと協調性を兼ね備えた人
  5. 5新たな挑戦に積極的な志を持つ人
取得を目指す資格 上級データサイエンスAI実務パスポート、基本情報技術者
卒業後の進路 メーカー、流通・小売、サービス、商社、ソフトウエア・情報処理・ネット関連、官公庁・公社・団体、農業経営 etc.

※設置される学科等の名称・内容などは予定につき、変更される場合があります。