就職関連情報

HOME >>就職関連情報 >>現場の声|理学療法士
  • 就職関連情報
  • 国家試験合格実績
  • 管理栄養士国家試験 合格実績
  • 前身校 九州リハビリテーション大学校 国家試験合格実績・就職実績
  • 就職指導
  • 食物栄養学部 食物栄養学科
  • リハビリテーション学部理学療法学科
  • リハビリテーション学部 作業療法学科
  • 就職実績
  • 食物栄養学部
  • リハビリテーション学部
  • 卒業生の声
  • 食物栄養学部
  • 現場の声
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 就職指導課
  • 就職支援システム

現場の声|理学療法士

現場の理学療法士
医師や看護師と緊密に連携しながら、リハビリの責任者として活躍する先輩たち。
4年間を通じて人間的な魅力を磨き、医学分野に精通し、リハビリの責任者としての確かな自信と誇りを胸に活躍する前身校の卒業生たちは、保健、医僚、福祉をはじめ多分野で活躍しています。


リハビリで改善された機能を維持するための、活動支援を行うことが僕の仕事です。
具体的には、患者さまのご自宅に伺って生活環境を確認し、つまずいてケガにつながる段差はないか、手すりの設置が必要ないかなど、環境調整の提案を行います。また、個人の体型に合わせて車椅子の高さや幅の調整を行うことも。
そして、退院後の患者さまがより良い生活を送るためにはどうすれば良いか、チームで日々話し合いを繰り返しています。
医師や看護師、介護士やソーシャルワーカーとお互いの専門知識を持ち寄って、違った視点から意見を出し合うため、幅広い知識が身についているのを実感。これからももっと患者さまのお役に立てるよう、ご自宅での生活をサポートできるケアマネージャーの資格取得を考えています。
勉強と仕事を両立させるのは大変ですが、できることの幅を広げて患者さまに寄り添ったサポートができるようになりたいです。




この仕事と初めて出会ったのは、祖父が骨折で入院したときのこと。理学療法士の方とリハビリを頑張っていた祖父は、次第に元気を取り戻していきました。
その姿を見て、私もケガや病気などで日常生活のための基本動作が難しくなった方の力になりたいと思い、理学療法士を目指すようになりました。
九栄大への進学を決めたのは、充実したカリキュラムの下で4年間じっくり学べると思ったからです。筋肉や神経など身体のつくりを勉強する解剖学をはじめ、大学で学んだことすべてが今の私の土台になっていると感じます。正確な知識に裏付けられた説明をすることで、患者さまも安心できますからね。
現在私が担当しているのは、一日に約8~12人。主に、歩行訓練や各関節の可動域を拡大する練習のサポートをしています。
様々な症例と向き合いながらもっと多くの方を支えていけるように、経験豊富な先輩方に相談に乗ってもらいながら毎日頑張っています。