就職関連情報

HOME >>就職関連情報 >> 卒業生の声|食物栄養学部 食物栄養学科
  • 就職関連情報
  • 国家試験合格実績
  • 管理栄養士国家試験 合格実績
  • 前身校 九州リハビリテーション大学校 国家試験合格実績・就職実績
  • 就職指導
  • 食物栄養学部 食物栄養学科
  • リハビリテーション学部理学療法学科
  • リハビリテーション学部 作業療法学科
  • 就職実績
  • 食物栄養学部
  • リハビリテーション学部
  • 卒業生の声
  • 食物栄養学部
  • 現場の声
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 就職指導課
  • 就職支援システム
管理栄養士国家試験合格実績 大学院

卒業生の声|食物栄養学部 食物栄養学科

現場の管理栄養士

一人ひとりの食生活・習慣を検討し、食を通じて健康を回復・保持させていく先輩たち。

食についての基礎的知識・技能を学ぶ授業や専門分野の講義・実習を通じて、
専門的実践力を身につけた卒業生が管理栄養士として活躍しています。

宮元 樹 管理栄養士
7

私が勤めているのは、たくさんの子どもたちが通う保育園。管理栄養士として、毎日の献立作りから調理、アレルギーチェックなども行っています。そんな私は大学卒業後に一度、病院栄養士として働いていたことも。その中で多くの患者さまの疾患に与える食習慣の影響力、子どもの頃から『食』を伝えていくことの大切さに改めて気づくことができました。
その後、味覚・食生活を形成する時期の保育園へ転職。「今日の給食はなに?」と楽しみにしてくれたり、「おいしかった!」と言われた時は本当に嬉しいですね。
学生時代は薬膳の勉強に力を入れており、一週間中国へ滞在して知識を深めたことも。栄養学とは違う観点から体に良い『食』を学んだことは、現在の仕事にも役立っていると感じています。
いまの目標は、色々な経験を通して子どもたちに『食』の楽しさを伝えること。日本の伝統料理を改めて勉強し、コンニャクや味噌、梅干しなどの手作り体験を積極的におこなっています。
これからも子どもたちと一緒に、記憶に残るような経験をたくさんしていきたいです。