就職関連情報

HOME >>就職関連情報 >> 卒業生の声|食物栄養学部 食物栄養学科
  • 就職関連情報
  • 国家試験合格実績
  • 管理栄養士国家試験 合格実績
  • 前身校 九州リハビリテーション大学校 国家試験合格実績・就職実績
  • 就職指導
  • 食物栄養学部 食物栄養学科
  • リハビリテーション学部理学療法学科
  • リハビリテーション学部 作業療法学科
  • 就職実績
  • 食物栄養学部
  • リハビリテーション学部
  • 卒業生の声
  • 食物栄養学部
  • 現場の声
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 就職指導課
  • 就職支援システム
管理栄養士国家試験合格実績 大学院

卒業生の声|食物栄養学部 食物栄養学科

現場の管理栄養士

一人ひとりの食生活・習慣を検討し、 食を通じて健康を回復・保持させていく先輩たち。

食についての基礎的知識・技能を学ぶ授業や専門分野の講義・実習を通じて、
専門的実践力を身につけた卒業生が管理栄養士として活躍しています。

和田 沙央理 管理栄養士
4年間指導してくださった先生方は、良き相談相手であり、心の支えです。

病院の栄養管理部の一員として地域包括ケアに携わり、慢性的に治療が必要な方への献立作成から栄養指導、栄養管理までを行っています。患者さまとお話しをして、入院している間に健康に近い状態に戻れるよう、オーダーメイドで献立を作るのが私の仕事。ご自宅での食事に近く、かつ健康的なものにするため、上司や先輩に相談しながら取り組んでいます。患者さまが「美味しかった」と言ってくださると、ますますやる気が湧いてきますね。
また、患者さまに食事の大切さを伝えるために、定期的に食事と栄養素の関係を説明する機会があります。退院後も自ら食事に気をつけて生活を送って頂けるよう、やる気を出してもらうのがとても難しく、試行錯誤しながら頑張っています。管理栄養士は計算だけをしているイメージがありましたが、実際に仕事をしてみて、チーム医療の中でドクターや先輩、患者さまとコミュニケーションをとり、連携することが大切だということを実感しました。
いずれは、どんな疾患に対しても栄養指導ができるオールマイティな管理栄養士になりたいです。