リハビリテーション学部 作業療法学科

  • 学部案内
  • 食物栄養学部
  • リハビリテーション学部
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科
  • 3つのポリシー
  • カリキュラム
  • 先輩・教授の声
  • 就職指導
  • 現場の声
  • 実習提携病院
  • 理学療法士・作業療法士 国家試験合格実績
  • 就職実績
学校案内 資料請求はこちらから!
就職支援システム
就職実績
理学療法士・作業療法士国家試験合格実績

リハビリテーション学部 作業療法学科|学びのポイント(カリキュラムポリシー)


本学科は、リハビリテーションを通して福祉を実現し、
健康生活の番人を目指す作業療法士の育成を目的としています。
よって、以下のような学生を求めています。

1. 本学の建学の精神・教育理念、本学の教育目標に賛同する人
2. リハビリテーションを通して福祉(しあわせ)の発展に貢献し、
  「リハビリテーションの番人・健康生活の番人」を目指す人
3. 医療専門職として地域社会の健康とQOL(生活の質)の向上に貢献したいと強く考える人
4. 作業療法を積極的に学ぶ意欲と情熱を持ち、努力を継続できる人
5. 自他ともに愛し、コミュニケーションがとれる人


1.
建学の精神に基づく高い倫理観と豊かな人間性(愛)を持ち、多様な価値観を持つ他者と協働できる
コミュニケーション技能(親和)と専門的能力(知性)を身につけている
2.
基礎医学、リハビリテーション医学など作業療法における基礎的知識(知性)を獲得している
3.
対象者のQOL(生活の質)向上を図り地域で自立(自律)した生活が営めるよう
科学的に思考し(知性)、人と環境の適応調整の視点から支援することができる
4.
作業療法的視点から評価・介入を行うために必要な知識・技術(知性)を獲得している
5.
作業療法士は、対象者自身が作業活動を通して健康と幸福(愛)を獲得することへの支援を行う専門家であることを理解し、主体的に行動する力(勇気)を身につけている

1.
建学の精神である「勇気、親和、愛、知性」の調和のとれた人間性の実現を目指して、
教科教育のみならず、様々な実習教育や多様な行事教育を取り入れる
2.
リハビリテーションをとおして福祉を実現するという大学の教育目的を実現するために、
健康生活の番人たる能力を持った人材を養成する
3.
国際基準の臨床教育を実施し、作業療法実践力を身につける
4.
対象者のQOL(生活の質)を考え、対象者に寄り添う心と態度を身につける
5.
作業療法を通して地域の健康づくりに貢献するための学術的能力や人格的能力を養う