リハビリテーション学部

HOME >> 学部案内 >> リハビリテーション学部
  • 学部案内
  • 食物栄養学部
  • リハビリテーション学部
  • 理学療法学科
  • 作業療法士
  • 実習提携病院
  • 理学療法士・作業療法士 国家試験合格実績
  • 就職実績
学校案内 資料請求はこちらから!
就職支援システム
就職実績
理学療法士・作業療法士国家試験合格実績

リハビリテーション学部

次代の理学療法士・作業療法士を育てるためのKey Word本学部の前身は、理学療法・作業療法学科併設としては日本で 最も古い 伝統を持つ養成校
本学のリハビリテーション学部の前身は、労働福祉事業団・九州リハビリテーション大学校の経営を東筑紫学園が受け継いだ専門学校九州リハビリテーション大学校です。
国の医療政策の一環として昭和41年に設立された労働福祉事業団・九州リハビリテーション大学校からの伝統を考えると、今日では、日本で理学・作業療法学科を併設した最も古い伝統を持つ養成校となります。
卒業生たちは我が国のリハビリテーションのリーダー的な役割を果たしています。
長い歴史の中で築き上げてきた教育実績を土台として誕生したリハビリテーション学部には、明確な教育理念や独自の教育ノウハウがあります。
日本のリハビリをリードしてきた 九州労災病院 での実習教育
本学部の前身である九州リハビリテーション大学校と日本最初の九州労災病院である九州労災病院は日本のリハビリテーション医療の先駆的な役割を担ってきました。その歴史的な連携協力関係は本学ならではの実践的な教育を可能にしていくでしょう。
学生たちは臨床現場の見学や実習、医師などを招いての最先端の医学的な講義を受講しています。
臨床に触れる機会を多く設けることにより学生たちの向学心は刺激され、大きな教育効果をあげています。
多彩な分野で研究を続け、地域の福祉・保健活動に 取り組む教員たち
本学部の教員たちは豊富な臨床経験を持つばかりでなく、多彩な分野で研究活動を続けています。
毎年学会で研究発表を行う教員は少なくありません。 また、健康づくりを推進する自治体の要請を受け、地域の福祉・保健活動にも積極的に取り組んでいます。
リハビリテーションの役割が健康づくりへと広がりを増している現在、こうした活動は産・学・官連携の教育指導においても好影響を及ぼし、学生たちはより幅広い視点でリハビリをとらえることの大切さを実感しています。
一人の医療人としての人間性を重要視した教育指導
理学療法士や作業療法士は一人の医療人です。本学部では実習を体験して医療の現場に触れる機会を設け、 また各界の講師を招いて個性的な授業を行うなど、医療人としての確かな自覚そして知識・技術を養う教育を展開します。
さらに、クラス担任制を採用して学生一人ひとりの生活を日々見守ると同時に、学内での挨拶や基本的な礼儀・マナーを指導し、 温かな人間的な触れ合いやチームワークの大切さを実感する多彩な学内行事を企画します。ボランティア活動にも参加し、 人間的に成長できる機会を多く設けたいと考えています。
興味のある分野が見つかれば、専門性の高いスペシャリストへ
大学は幅広い教養を身につけたスペシャリストを育てる場所とも言えます。しかし、本学部では「食とリハビリ」をグローバルな視点で連動的に捉え、科学的思考と使命感を持った人材育成を目指しています。例えば内部障害を研究する理学療法士、発達障害児の分野で専門性を持った作業療法士といったように、学生たちは自分が興味を持った分野を深く掘り下げ、専門性の高い知識・技術を修得しています。学生の希望や方向性をバックアップする選択制の履修モデルも作成し、そうした学びの成果を卒業研究につなげていくことができます。
急性期から回復期、維持期までと、地域リハビリテーションと健康推進・予防に対応した教育
リハビリテーションは患者の病期に応じて、急性期リハ(廃用症候群・合併症の予防、早期離床)、回復期リハ(機能改善、日常生活活動の向上、在宅復帰)、維持期リハ(生活機能の維持・向上)と健康推進・予防を行っていますが、本学部では地域リハビリテーションに対応できる理学療法士・作業療法士の育成に取り組んでいます。手術後すぐに行う急性期リハでの注意点はもちろんのこと、退院を前にした患者や家族にどのようなアドバイスをすべきかなど、きめ細かな実践的指導を実施。
こうした教育によって、学生たちの卒業後の活躍のフィールドは確実に広がっています。

理学療法学科作業療法学科