食物栄養学部 食物栄養学科

  • 学部案内
  • 食物栄養学部
  • 食物栄養学科
  • 3つのポリシー
  • カリキュラム
  • 先輩・教授の声
  • ピックアップゼミ
  • 管理栄養士国家試験合格実績
  • 就職指導
  • 就職実績
  • 卒業生の声
  • リハビリテーション学部
学校案内 資料請求はこちらから! 就職支援システム
大学院
就職実績
管理栄養士国家試験合格実績

食物栄養学部 食物栄養学科|カリキュラム

明日の管理栄養士
船津 奈央
技術や専門知識だけでは管理栄養士になれないと入学してから知りました。
■ 食を通じて身近な人の役に立ちたい

もともとお菓子や料理を作るのが好きで、はじめは漠然とパティシエや調理師といった仕事に憧れていました。より深く「食」について知るため、栄養の分野を学びたいと思ったのは家族の存在があったから。仕事場だけでなく、身近な人たちの健康な食生活を支えていけるような管理栄養士になりたいと思っています。

■ 専門的な授業で将来の幅も広がります

管理栄養士になるために「食」だけでなく、病気や身体の反応についても学び、傷病者に対する療養の知識を深めています。授業内容は専門的なことばかりで、座学や調理実習に加えて、実験的な授業もあります。中でも食品のタンパク質や脂質を計るなど、栄養素を調べる実験は驚きばかりでしたね。また、この学校はクラス制で先生との距離がとても近く、分からないことがあれば気軽に相談できる環境です。社会人としてのマナーも教えてもらえるので、社会に出る基礎を学べる場だと思います。

■ 将来は、大好きなお菓子の開発を

学校では食料の生産から流通、消費までたくさんのことを学びます。将来は、スーパーに並べられたお菓子の開発に携わりたくて、卒業後は食品会社への就職を目指しています。管理栄養士として食品会社に就職するのは珍しい例なので大変かもしれませんが、いつかお菓子を開発して、多くの人に幸せを感じてもらえたら嬉しいです。

明日の管理栄養士をサポート
大澤 得二
さまざまな気遣いのできる管理栄養士を目指してください。

現在の管理栄養士は、個々人の栄養評価(アセスメント)を行い、それに基づいて適正な栄養を考えて献立を作成する必要があります。さらに栄養面のみならず、対象となる個人の身体や精神状況も考慮に入れて、総合的な栄養指導をする必要があります。特に、高齢者は生活習慣病や認知症などのさまざまな疾病を抱え、食事を摂るにあたっても嚥下障害などに苦しんでいます。多くのハンディを持った高齢者に対しても、目で見、舌で味わい、喜んでいただける食事を提供するためのさまざまな気遣いが必要となっています。本学では1・2年次に、食についての基礎的知識・技能を身につけ、食に関する基本的考え方を確立し、3年次で専門分野の講義、実習および臨地実習を通じて、管理栄養士としての専門的実践力を培い、4年次で国家試験合格を目指し、4年間の学修の総合化を図っていただきたいと考えています。