食物栄養学部 食物栄養学科

HOME >> 学部案内 >> 食物栄養学部|食物栄養学科
  • 学部案内
  • 食物栄養学部
  • 食物栄養学科
  • 3つのポリシー
  • カリキュラム
  • 先輩・教授の声
  • ピックアップゼミ
  • 管理栄養士国家試験合格実績
  • 就職指導
  • 就職実績
  • 卒業生の声
  • リハビリテーション学部
学校案内 資料請求はこちらから! 就職支援システム
大学院
就職実績
管理栄養士国家試験合格実績

食物栄養学部|食物栄養学科

「食医」「食の番人」的な役割を果たす管理栄養士を目指して。

本学科が4年間の教育を通じて社会に送り出そうとしている「食医」とは、食指導を通じて社会の福祉(健康と幸福)に貢献しようとする明確な(科学的)方法意識と使命感を持った人材です。
そして「食の番人」とは、食の専門家の立場から正しい食の道を探求し、食生活や食環境、食材料に警鐘を発する人材にほかなりません。

管理栄養士とは管理栄養士は患者一人ひとりの食生活・習慣を検討し、食を通じて健康を回復・保持する役割を担っています。
■管理栄養士が病院で担う主な役割(病院を例に管理栄養士の仕事を見てみましょう)
[栄養食事療法による臨床栄養管理]

医師の指導のもと、患者さんの臨床検査データに基づく身体状況や病態の把握・評価を行い、栄養食事療法を決定します

 
[病院給食の経営管理(食事提供に関わる業務)

病院における献立の作成や食材の発注、厨房管理など、患者さんが食事を楽しめるためのフードマネジメントを行います

[患者さんとの食を通したコミュニケーション]

患者さんとコミュニケーションを図り、食事が困難な患者さんが食事を楽しめる方法や、治療食を医師と連携して考案します

[患者さんの集団及び個人への栄養指導]

生活習慣病の予防を含めて、退院後の在宅での患者さんの健康を保つために、きめ細かい栄養指導を行います

 
[NSTの一員として疾患治療の適切な実施]

退院後の在宅での患者の健康を保つために、医師やコメディカルスタッフとともに、NST(栄養サポートチーム)の一員として疾患治療の一環を担い、時に主導します

活躍のフィールド
医療・健康分野
●病院
●保健所
●特定給食施設
●薬膳に関する施設 ほか
実践栄養指導分野
●病院
●小中学校
●保健所
●特定給食施設 ほか
福祉分野
●老人福祉施設
(特別養護老人ホーム、
 老人保健施設など)

●児童福祉施設
●社会福祉施設 ほか
食品産業・流通分野
●外食産業(デパート、レストランなど)
●販売(デパート、スーパーなど)
●流通(卸売店、卸売市場など)
●食品会社および食品研究所
●食に関する出版社 ほか
作業療法士を目指して

今や管理栄養士の仕事は栄養価の計算や栄養指導だけではありません。
人々がいかに楽しくリラックスして食事ができるか、食器や食事する場所まで気を配れるかも大事になってきているのです。多角的な視点で食をめぐる問題を把握するため、人間と環境、食物とアレルギーなどの授業を用意。穀物自給率の低下、土壌汚染、合成添加物の氾濫、環境ホルモンの影響などを無視して、食の世界を語ることは不可能といえます。
本学では、食料の生産から流通、消費まですべてを見つめ、食を基本とする福祉を考えていきます。