学校案内

HOME >> 学校案内 >> 学部のねらい
  • 学校案内
  • 大学紹介
  • 学長・顧問挨拶
  • 学長からのメッセージ
  • 校歌
  • 教育上の指導理念・指導概念
  • 学部のねらい
  • 認証評価結果
  • 九州栄養福祉大学 大学院
  • 各種証明書の請求方法
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 情報公開
学校案内 資料請求はこちらから!

学部のねらい

いま求められているのは、リハビリテーションの大切さを知る 管理栄養士と、食生活の重要性を知る理学・作業療法士 です。

食物栄養学部とリハビリテーション学部が併設されることによって、学生たちはこれまで以上の刺激を受けることができます。より幅広い視野を養い、複眼的な思考を身につけることが、卒業後の現場で必ず役立ちます。

食物栄養学部

 我が国の高齢化は著しく、国民医療費の増大、要介護者および生活習慣病の増加などから、国民の健康の増進や、予防医学の必要性が高まっています。地域住民の健康の維持・増進には、日本の食文化の良さや特徴を生かした「健康な食事」をいただくことで、栄養バランスのとれた食生活の実現を図ることが必要であると考えられています。管理栄養士とは、まさしく、その社会的要請に応える存在であり、高度の専門的知識および技術をもって、地域の人々の健康の保持増進のために「食医」的役割を果たすこの専門職に寄せる社会の期待は大変大きなものがあります。本学の食物栄養学部では、食を通して地域社会の福祉を実現する管理栄養士の育成に努めてまいりました。卒業生は、西日本各地の行政、病院、施設、学校など各分野で活躍し、さらに、学内外の大学院へ進学し、学究を深める者もおります。
 近年、リハビリテーション栄養という傷病者の栄養状態を含めたリハビリテーションの概念が注目されています。食物栄養学部ではリハビリテーション学部との連携により、リハビリテーション関連科目もカリキュラムに組み込んでおります。本学部で育成する管理栄養士は、地域社会の福祉と健康生活を実践するために必要な健康生活の番人としての役割が期待されています。


リハビリテーション学部

 毎日を健康に過ごすことは全ての人の願いです。最近は運動器の障害で起こるロコモティブ・シンドロームや、筋肉量が低下し運動障害の起こるサルコぺニアなどが問題になっています。いずれも日常生活に支障を生じるものですが、栄養摂取との課題も言われています。「運動」・「活動」+「食」=「健康」のうち、「運動」・「活動」と「健康」を結びつけるのが理学療法士・作業療法士の役割です。本学部では健康を取り戻す、健康を失わないように予防する、という「健康生活の番人」を目標に、対象者に寄り添い、共感しながら支援できる豊かな人間性と専門知識・技術を持った療法士の育成を目指しています。
 また、平成27年にはリハビリテーション記念館を創設し、50年のリハの歴史に触れながら、新しいリハを考える環境整備を進めています。さらに、医療・保健・福祉の分野で北九州市の特性を踏まえた情報を地元の方に発信する基地であるために、地元企業との共同研究も進めています。これからも地域ケアをテーマに産学官が一体となって取り組み、本学部の知的資源の地域還元を推進します。