学校案内

HOME >> 学校案内 >> 学長からのメッセージ
  • 学校案内
  • 大学紹介
  • 学長・顧問挨拶
  • 学長からのメッセージ
  • 校歌
  • 教育上の指導理念・指導概念
  • 学部のねらい
  • 認証評価結果
  • 九州栄養福祉大学 大学院
  • 各種証明書の請求方法
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 情報公開
学校案内 資料請求はこちらから!

学長からのメッセージ

室井 廣一
教育上の指導理念、指導概念
食物栄養学部
食物栄養学部「食医」「食の番人」

なぜ「食医」「食の番人」なのですか?

 まず「食医」ですが、これは中国の古代国家・周王朝の官制記録「周禮」の中にある言葉です。この言葉に出 会ったときはとても感じさせられました。さすがに「医食同源」の国だなと思いました。わが国でも、貝原益軒な どは「いにしへ もろこし(中国)に食醫(医)の官あり。食養によって百病を治すと云(いう)。」(貝原益軒、益軒全集全 八巻之三)と記しています。又、西洋医学の父・聖人ともいわれるヒポクラテスの医学書などでも相当の部分が食を扱っています。こういう書に触れながら、この言葉こそ現代の管理栄養士の理想とするところではないかと考えさせられました。食物栄養学部を志願する人は、その道を一生涯学び続けて「食医」と呼ばれるぐらいのところまで達してもらいたいと設置のときは期待して教育指導上の理想概念としたのです。「人間は彼が食べたところのものである」(ルードヴィヒ・フォイエルバッハ、全集第三巻、舟山信一訳)という言葉も当時強く心にありました。食を学ぶということはおそらく「人間」を学ぶということにつながっていくと思います。歴史的先人の言葉をかみしめて、強い探究心をもってこの分野を選択してください。
 次に「食の番人」ですが、この言葉にかけた期待はなんといっても食生活の番人になるのだという強い使命感と広い視野にたった実践力を修得してもらいたいというところです。エレガントな言葉ではありませんが、食の環境問題、安全性、流通過程、自給率など様々な問題をかかえている食生活現場の諸問題の最前線に立つという「勢い」は持っていると思います。かつて、わが国の農村には「水の番人・堰の番人」と呼ばれるような役割を担った人がいました。この人たちは雨や嵐の中、ずぶ濡れになりながらも現場の第一線に立って共同体のために水門や堰を守り続けていたのです。「法の番人」「憲法の番人」「金融の番人」などという言葉もありますが、ここで言う番人とは、腰を低くして(己を空しくして)食過程全体の番人として立つという土臭い実践的気概を意味しています。

① なお、「食医」という言葉は、中国の古代国家・周王朝の官制記録「周禮」に載っているものを参考にしています。
『周禮 上・下』周哲點林道春跋 菜根出版 昭和51年 九州大学図書館所蔵及び本田二郎 『周禮通釋 上・下』秀英出版 昭和54年を参照
②『新訂 ヒポクラテス全集 全三巻』 編集・翻訳責任 大槻真一郎 エンタプライズ株式会社 1997年新訂版  山崎博愛訳『ヒポクラテース読本 その全集の抄訳と伝記』 ライフ社 1997年 等参照


リハビリテーション学部
リハビリテーション学部「リハの番人・健康生活の番人」

「リハの番人・健康生活の番人」とは?

 食物栄養学部の「食の番人」に続いて新設のリハビリテーション学部では「リハの番人」育成ということが当初の(専門学校からの)我々の目標でした。無論、ここでも番人とは食のそれと同じく、腰を低くして(己を空しくして)リハビリテーション世界の番人として患者の側に立つ実践的気概が要求されます。ところが、具体的に設置趣旨を起草する段階では、特に今日のリハビリ世界に要請されるのは食生活のみならず広く健康生活全般にわたる指導力を持った人材育成であるという視点が強く自覚されてきました。そのためには学部教育だけでなく、より高度な大学院から生涯教育の視点も踏まえて「健康生活の番人」という言葉が必要になってきました。「リハの番人」は「健康生活の番人」として再確認されなければならないのです。「リハの番人」は学部教育の出発目標で最終的な到達目標としては「健康生活の番人」というように考えることもできます。要するにそれは当初考えていた「リハの番人」を包括したより高度な概念ということで教育指導上の使い分けはされますが、基本的には同義概念であります。「リハの番人」は「健康生活の番人」でなければならないのです。
 以上のような意味では食物栄養学部の「食の番人」も最終段階の到達目標としては、「食とリハ」から健康生活全般への広い視野と指導力を持った「健康生活の番人」になってもらえればと思っています。この概念は人材育成の高度な理想概念なのです。そういう到達目標という意味をもって、期待をこめて、我々が養成する管理栄養士、理学療法士、作業療法士を総称し少子高齢化社会の健康生活の番人と言うこともあります。

九州栄養福祉大学・専門学校九州リハビリテーション大学校統合について

 九州栄養福祉大学は食を通して福祉を実現しようという教育理念を持った管理栄養士養成専門大学として平成13年に開学しました。人間の健康で幸福な生活、すなわち福祉を実現する上で最も根源的なものが「食」であり、その「食」を守ることが人間生活の基盤であり社会や国家の礎であるという認識に立ち、その礎となる「食医」「食の番人」的役割を果たす管理栄養士養成を開学以来目指してきました。管理栄養士の国家試験においても第一期生から十二期生まで福岡県内では常に第一位の合格率を上げてきました。九州全体でもほとんどトップの成績を示してきました。
 そういう中、北九州市や地元医師会などからの要請を受け平成16年には我が国で2番目に古い歴史を持つ両科(理学療法・作業療法)併設の「労働福祉事業団・九州リハビリテーション大学校」を継承し専門学校 九州リハビリテーション大学校を開学しました。この大学校や九州労災病院のある足立山は、その昔平安の都づくりをした和気清麻呂公が足を治したという歴史的伝説の地であり、国の「小倉傷痍者訓練所」や日本で初めての基幹病院としての九州労災病院も設立されてきたリハビリの発祥地であります。この地から斯界にはたくさんの人材が巣立っています。おかげ様で今年リハビリテーション学部は開学3年目に、両学科とも国家試験が100%合格を達成しました。
 本学は到来しつつある少子高齢社会の様々な人間福祉の課題に対応するため、この大学校を九州栄養福祉大学と統合しリハビリテーション学部として位置づけこれまでの「食」にリハビリを加えてより一層人々の健康生活を守れる人材養成に取り組みたいと思い、平成23年からは新たな旅立ちとなりました。尚、伝統の九州リハビリテーション大学校名は『日本リハビリテーション発祥地記念館・九州リハビリテーション大学校記念館』としてその名を残すことになりました。
 「食」や予防リハビリを含めた「リハビリ」を通して人々を病気や障害、怪我から未然に守り増大する医療費を抑制することは国家社会全体の重要な課題です。目指すは「食とリハビリ」をグローバルな視点で連動的に捉え、直面する課題に応える科学的思考と使命感を持った人材育成です。管理栄養士、理学療法士、作業療法士の専門領域を踏まえた「健康生活の番人」たる医療人が大切なのです。彼らはいずれ人々の健康で幸福な生活を守る礎となっていくでしょう。我々は到来しつつある前例のない少子高齢社会という社会構造のより強固な人間福祉の礎を築くべく「食とリハビリ」の連携を図り教育の相乗効果の発現を願うものです。

お掃除門 -宇城信五郎の教育思想-

続きを読む
平成25年度卒業生の皆様へ

続きを読む
日本リハビリテーション発祥地記念館 設置主旨
続きを読む
九州栄養福祉大学大学院 健康科学(食とリハビリテーション)研究科スタート

 九州栄養福祉大学は、平成23年度より2学部3学科となり、これに伴い平成24年度から大学院修士課程はこれまでの食物栄養学研究科食物栄養学専攻を健康科学研究科健康栄養学専攻に名称変更することとなりました。 設置当初の「食」を通して福祉を実現するという教育研究目標を深化させるために、リハビリテーション学部の教育内容を取り入れ大学院の教育研究の充実を図ります。人間の健康を食と栄養の観点のみならず、健康生活の維持及び疾病や事故によって身体機能に障害を有するクライエントの生活再建、社会参加まで積極的に支援できるように大幅に拡充した教育研究内容です。 食と栄養による健康保持とともに、リハビリテーションを通じての身体機能の維持あるいは回復を図ることができるより高度な大学院教育を行います。

 私たちの目指すところは、人間生活の基礎となる「食とリハビリテーション」を連動的に捉える教育研究システムであり、少子高齢化社会を支える健康づくり・障害予防・障害者支援を含めた高度専門能力を有する人材育成であります。
 本学は以上のような教育研究内容と建学の精神「筑紫の心」に賛同する学生を受け入れることをアドミッション・ポリシーとしています。

両学部(食物栄養学部、リハビリテーション学部)の『研究紀要』発刊にあたって
九州栄養福祉大学 
学長 室井 廣一 

 設置準備室長として九州栄養福祉大学食物栄養学部を設立した頃に、これからの少子高齢化社会を支えていくためには「食」だけではなく運動機能を担当する人材養成が必要であるということを痛感した。食した後に動く・動かすということが健康生活には重要であるということである。管理栄養士だけではなくリハビリテーション、特に予防的リハビリテーションの重要性に思い至った。予防リハビリと言うと、肉体的事故、障害のリハビリという概念に矛盾しているようにも思えるが、高齢化による元来の機能喪失をできるだけ阻止回復するというように考えればそれなりに理解されないこともあるまい。無論、予防リハビリだけでなくリハビリそのものに食の果たす役割は大きいものがある。
 更に食べて動いていくにはその目的のようなものがあったほうがいい。生活の目標、人生の目標、生きる意味、生き甲斐であり大げさに言えば生涯を貫く天命、天職、務めといったことである。食して動く・動かすテーマである。これはできれば自分で探し見つけることが望ましい。そしてもう一つ、食べて動いて目標実践する前後の(した後のアフターケアーと考えてもよい)心身、環境のお掃除である。要するに健康生活には、食して、固有の目標に向かって動き、そしてその前後の整理整頓・片づけということが肝要であり、この他に基本的なことと言えば排泄と睡眠であろう。大切なことはこれらを日常生活の中で一体的に捉え実践する視点である。
 このように考えて、これらの内容を指導できる「食とリハビリ」の専門的人材養成が重要であると当時漠然と考えていた。ちょうどその頃、日本リハビリ揺籃の地の九州リハビリテーション大学校の継承開学の話があり、様々な人の尽力をいただき専門学校として継承することとなった。そして今年は九州栄養福祉大学のリハビリテーション学部として発展開学することができ、更に「食とリハビリ」の大学院・健康科学研究科も認めていただいた。
 このたびは、これまで念願していた食とリハビリ両学部の研究紀要が発刊でき、いささか感無量である。本研究紀要が前述してきたような食とリハビリ並びにその関連性の方向性をもって幅ひろく教育研究上に貢献発展していくことを信じるものである。
 我々は創設者の求めたる「魂の教育」に向かって少しなりとも前進していくために、魂の入った実学教育・「魂の実学教育」を実践し「食の番人」「リハの番人」ひいては「健康生活の番人」たる自覚を有する管理栄養士、リハビリの療法士を育てていかなければならない。その成果発表の場として本誌は大きく期待されているのである。


九州栄養福祉大学研究紀要「第8号」(平成23年12月22日発行)より転載

論文紹介 論文『私立大学における「建学の精神」の再定義 ~学校法人東筑紫学園を事例として~』
続きを読む

論文紹介 論文『私立大学における「建学の精神」の再定義 ~学校法人東筑紫学園を事例として~』
続きを読む