学校案内

HOME >> 学校案内 >> 九州栄養福祉大学 大学院
  • 学校案内
  • 大学紹介
  • 学長・顧問挨拶
  • 学長からのメッセージ
  • 校歌
  • 教育上の指導理念・指導概念
  • 学部のねらい
  • 認証評価結果
  • 九州栄養福祉大学 大学院
  • 教員・先輩の声
  • 各種証明書の請求方法
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 情報公開
九州栄養福祉大学 大学院 募集要項

九州栄養福祉大学 大学院

食物栄養学研究科修士課程
食とリハビリの幅広い分野で指導力や実践力を発揮し、地域社会で指導的役割を果たす人材を育成します。


「食」と「リハビリテーション」についての基礎的な知識を充分に持っていること、そしてそれらを総合的な見地から促えて研究を推進していこうとする意欲が必要です。
文献を読んで現在のその分野における学問体系を把握していく事ができる基礎的な語学力があり、そして地道に研究手法の修得に取り組むことができること、さらに真摯にデータを積み上げていき、発表しディスカッションしていくことができる人材を求めています。


健康科学研究科ではカリキュラムポリシーに掲げたカリキュラムを履修し、「食とリハビリテーション」を統合した学識を身につけ、健康科学についての高度な専門能力を有するようになった者、さらに「特別研究」において指導教員の指導のもとに研究を行って一定の成果を上げ、研究者としての基礎的能力を身につけ、学位請求論文を提出して審査に合格した者に修士の学位を授与します。


健康科学研究科では、食物栄養学部とリハビリテーション学部のどちらの出身者においても「食とリハビリテーション」を総括的に捉えることができるための知識の修得を目指すカリキュラムを組んでいます。
必修科目である「健康科学特別講義」、「健康科学研究法特論講義及び演習」をはじめ、選択科目である「臨床栄養学特論」、「食品学特論」、「生化学特論」、「栄養教育特論」、「薬理学特論」、「食品加工学特論」、 「解剖生理学特論」、「リハビリテーション特論」、「健康運動機能特論」、「自律神経障害支援特論」、「地域活動支援特論」、「環境健康生活特論」を学びます。
それにより「食とリハビリテーション」を統合した学識を身につけ、さらに「特別研究」においてひとつのテーマに取り組んで研究を進めることによって研究者としての手法、態度、技能を修得することを目指しています。


本学大学院は、平成28年度から「臨床栄養師認定講座」指定校として承認されました。日本健康・栄養システム学会の臨床栄養師研修制度に従って管理栄養士免許有資格者が認定講座を受講し、臨床分野や地域栄養活動の第一線の現場で臨床研修を積むことによって取得が可能となる専門的実践栄養領域の資格です。

教員・先輩の声